« プロレス日記。 | トップページ | せっかくなので…。 »

666。

5月20日(日)
 
 
『666』の観戦。
 

初『桂スタジオ』。

いきなり最初の曲がり道から間違えてしまい、タクシーの運ちゃんでも知らないようなとんでもない地元道をひたすら歩くことに…。
何人もの人に道を聞きまくって、ようやくスタジオに到着。  

 
 

当日までどの席種か分からなかったので、受付でチケットを受け取り、確認したらば…「社長と心中シート」・・・orz

666って2005年10月に見たきりだったので現状がどうなっているのかさっぱり分からず、「とにかく恐ろしい」という噂しか聞いてなかったから、いきなりの最前列に超ドキドキ☆

前説の時、「最前列で白い服を着ているのはバカだ」とテイオー姐さんが客席を見渡した時、白い服を着ている私のところで視線を止めたのを私は見逃さなかったぞw


どうせバカ社長の試合の写真は撮れないし、燃やされたくないwからといつものカメラ(通称:バズーカ)は持って行かなかったんだけど、今日は撮影してもよかったみたい。さすが寛大な桂スタジオの社長!


私的事件。

「忍vs大石真翔」
いきなり子持ちのダンサーが出てきて、忍との長い長い余興…(^-^; ようやく始まった試合はテイオー姐さんを巡っての戦いらしく、どちらのテイオー愛が強いか競い合っていたんだけど、なぜか「あなたはいつだって傍観者だ」とテイオー姐さんに訴えかけ、テイオーvs忍&大石ということになって、テイオー姐さんはマイクを持ったまま参戦。自ら実況しながら試合をし、忍から3カウントで勝利。「最後はあなたの胸の中で…」とテイオーに寄り添い、絶命する忍。 本日の死亡者、一人目。

 
 

「趙雲子龍の死亡遊戯」
ブルース・リーの格好をして登場の趙雲さん。内容は死亡遊戯まんまパクリw 

一人目の刺客はisam…じゃなくてエル・サミライ。終始タバコを吸いながら戦ってました。趙雲さんのヘッドロックで首が折れて死亡。
二人目の刺客は木村響子(カンフー調w)。またしてもヘッドロックで首が折れて死亡。
三人目はGENTA…じゃなくて、ナスティブラックパンサー。見た目とても強そうなブラックパンサーだったけど、趙雲さんのトップロープからの踏み付けで肋骨が全部折れて死亡。


さてさて最後の刺客。

S2007_05206660018
 
登場してきた時、「んぎゃぁぁぁぁぁぁー♡!!!!」と叫んじまいました。だって参戦してるとは夢にも思わなかったんだもん。けどけど、目の前で写真を撮ってた女性カメラマンのローライズジーンズがずり下がってて、お尻半出し状態。そっちに意識を持ってかれてしまった…って、わたしゃどんだけ尻が好きなんじゃって話。クド・チャン・リー<尻w
 

クド・チャン・リー、超強かったよ!最後はヌンチャクを趙雲さんの首に巻きつけ、首の骨を折り勝利。趙雲さんは「後を託す…」とサングラスをかけ息絶えました。
 
 


「ラム会長&先輩&邪鬼vs佐野&X」
Xとして呼ばれたのはドラゲーの戸澤塾の方々。ドラゲーはこの日、三重で試合があったそうなんですが、それを蹴って来たとのこと。ラム会長曰く「いてもいなくても同じってことだろ!」w アラケンさんはめちゃくちゃ戸惑いつつも、ラム会長との試合をこなしていましたよ。注射誤爆でラリるれろ~な邪鬼さんがおかしかった。
なぜか先輩がラム会長を人質にとり、ピストル発射。唯一生き残ったラム会長が勝利。

 


「佐々木”バキューン”小次郎vs宮本”ヤンキー”武蔵」
小次郎ファッションで登場した佐々木さんは、どう見ても歌舞伎役者にしか見えなかったw
武蔵、やっぱり遅刻。刀デスマッチからスポーツチャンバラに(金八かよっ!)。最後は小次郎が武蔵の腹に刀を刺して、武蔵死亡。
 
 


「バカ社長、破羅死魔、葛西純vsフ○イン、ブ○シュ、ビ○ラディン」

S2007_05206660081

バカ社長、入場からいきなり大花火。こえーこえー。実況席のある櫓(やぐら)の上にも花火が仕掛けてあって、さながら、「ナイアガラの滝や~」(彦摩呂風)。段ボールでできたホルモン小鹿のお店も全焼。もちろん大爆竹ポアもありました。点火はグレート小鹿社長。会場はものすごい爆音と火花。私の頭の上にもポコンと何かが乗っかってその部分が熱くなってたけど、やけどしてないからまぁいいか(笑) 

 


「ドラゴン飛竜、美華魅vs怨霊、小仲=ペールワン」
お宝争奪試合。
ペールワン、不気味だった。
怨霊さんの放ったラダーからのタイガードライバーで、美華魅さんがかなり危険な角度で落ちていった。大丈夫だろうか…。
結局、ドラゴン以外、みんな背が低くてお宝に手が届かずw
お宝を手に入れた人はモリノス家のお宝の中から好きなものを一つだけ選べるらしい。負けた人には呪いのベルトが与えられ、すでに死んでいる怨霊さんには効かず、ペールワンさん死亡。

最後に6人の死亡者の写真がスクリーンに映し出されました。…合掌。
あ、あと救急車で運ばれたお客さんが一人(興奮のあまり失神してしまったらしい)。怖ろしい…666。


 
666自体はよかったけど、いかんせん会場が…。
駅から会場が遠いことと、スクリーンが小さくて見づらかったとこと、スポットライトがなくて会場がかなり暗めだったのが残念だったかなぁ。


帰りは「草加で乗り換えだ」「おぉ、そうか」と、お約束のオヤジギャグを言いつつ、無事に帰り着きましたとさ♪
 
 
 
※16日のDDTの写真はあまりよく撮れてなかったので、載せようかどうしようか考え中・・・(汗)

|

« プロレス日記。 | トップページ | せっかくなので…。 »

プロレス観戦日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロレス日記。 | トップページ | せっかくなので…。 »